Winning Eleven 2017(ウイイレ)













会場の熱まで感じられるリアルな対戦を楽しもう!

操作は直感的で、画面左側で移動。右側でダッシュ・プレス・シュートといったアクションをタップ&スワイプで繰り出せる。

自分だけのチームを作り選手を育成して、シーズンマッチで優勝を目指す他、オンラインで全世界のプレイヤーと気軽に対戦することも可能。

「ウイイレ2017」はサッカーゲーとして隙がない質の高さ!

まずはリアリティの高さに注目したい。トラップやボレーシュートなどその場その場の自然なモーション、迫力あるカメラワーク。

おなじみジョン・カビラ氏北澤豪氏による日本語のフル実況解説、スタジアムを沸かせる歓声もあり、試合の熱がそのまま伝わってくる。

質の高い海外サッカーゲーは数多くあるが、日本人にこそ馴染む丁寧な作り込みは国産ならではの魅力。

操作性も良好。パスやスライディングはスワイプした方向へ繰り出すのでボタンの少なさも気にならない。

オンラインモードもバッチリで、ほぼ同期ズレ無し。ランキングやローカル対戦にも対応。

コンシューマ機とほぼ変わらない感触で、いつでもどこでも「ウイイレ」が無料で遊べる。これは嬉しいことだ。

ゲームイメージ

▲見慣れたこの画面構成もイイっすねー。

「ウイイレ2017」序盤攻略のコツ。

まずは特典でもらったエージェントを使って選手獲得(ガチャ)。チームに組み込もう。

ポジション別で選べるものはGKを1人は獲得しておきたい。デフォ選手だと心細い。

GPを消費しても獲得できるが、選手の契約更新で必要となる通貨なので最低限はキープしたい。

チーム強化の道としてはシーズンマッチを進める他、報酬が豪華なイベントにも積極的に参加すべし。トレーナーおいしい。

各選手は「ノールックパス」「ピンポイントクロス」といった得意なスキルを有している。誰が何をできるか把握しておこう。

ゲームイメージ

▲監督次第で得意なフォーメーションも異なる。

Winning Eleven 2017(ウイイレ)のゲームの流れ

流れその1

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット1

まずはオリジナルチームの作成。

実在チームをベースにできる。「浦和レッドダイヤモンズ」など日本のチームもある。

ただ海外志向強め。サムライジャパンとかやってた頃が好きだった。

流れその2

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット2

モード一覧。上2つはソロモードで選手育成・獲得も兼ねる。

オンラインではレートを競いあう。スタミナ消費なしなのは嬉しい。

流れその3

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット3

試合画面。モデリング自体はそこそこだけど、やっぱりモーションが凄い。自然な挙動。

パスする時はスワイプ線で先が予測できたり分かりやすい。

移動はパッド操作のクラシックにした方が遊びやすかった。

流れその4

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット4
ゴールを決めるとパフォーマンスやハイライトが流れる。メッシつよすぎワロタ。

流れその5

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット5

ケガをした時のオーバーリアクションなども完全再現。

やっぱ日本語実況があるって最高っすね。ジョン・カビラさん好き。

流れその6

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット6

選手育成画面。

試合での活躍や、トレーナーと練習するとレベルが上がる。

契機が切れた選手は延命させるか、トレーナーとして再利用も可能。

流れその7

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット7

エージェントによるガチャの他、他プレイヤーたちとオークションで競り合っての落札も可能。

時間帯によってはオトクに選手をゲットできるかも。

流れその8

iOSアプリ Winning Eleven 2017(ウイイレ)攻略スクリーンショット8

選手のアクションスキルは、条件を満たせば特別な操作無しで発動する。

スマホでも手軽に楽しめる点が素晴らしいね。